お知らせ  ゆかり農縁は体調をこわして休園していますが、再再発進の準備をしています。

野菜栽培のポイント上級編

 

敷島博士
敷島博士

このサイトでは、肥料を設計していた敷島が家庭菜園・市民農園で安全・安心・新鮮な野菜を育てるための上級ポイント(・土づくり、・肥料・農薬の使用方法など)を簡単に説明します。


 野菜の栽培は、毎年収量が増加していますか、収量が上がらないので肥料を多く使っていませんか❓土が年々メタボ状態になっていませんか。『ゆかり農縁』では「ぼかし肥料」を使って、有機質を中心とした栽培を行っていましたが、土壌分析で少しメタボでしたので、私が設計した野菜栽培専用ハイブリット有機化成肥料≪愛菜物語みどり≫を使った栽培に変更しました。
 ≪愛菜物語みどり≫は、20年以上前に家庭菜園や販売農家用に袋のデザインや肥料配合内容などを設計し、原料の確認や製造工程を確認した肥料です。現在も販売しています。

愛菜物語みどり
  開発の目的 誰でも野菜が美味しく、安全で安心して作れるように、基本の化成肥料888の窒素化成成分と有機化成をそれぞれ10%増量して10窒素-8リン酸-8加里にした化成と有機のハイブリット肥料です。
  命名    商品名は、同じものがないように分類ごとに商標登録されています。    愛菜はすでに取得されていいたので物語を付けています。肥料の種類が多いため、袋の色で注文する人が多かったことから、新規に独自開発した商品には商品名の後にそれぞれ色を付けて、販売を想定した7つの地区のシリーズ『虹のゆめ』を開発しています。
  エピソード(曲がったキュウリ)
    キュウリは真っすぐの方が使いやすいし、美味しそうですが、袋の写真のキュウリは曲がっています。デザインを依頼した業者が自身の家庭菜園のキュウリをデザイン的に良かったので使ったことから、曲がっています。この肥料を使ても曲がりません。 

スポンサーリンク

土づくり

太郎
太郎

農薬を使わない野菜づくりに必要な土づくりを教えてください。

敷島博士
敷島博士

野菜づくりのポイントは土づくりからです。土が悪ければ元気な野菜は育ちません。
土は、水はけがよく、水持ちがよいことが理想です。矛盾しています。

水はけがよく、水もちがよい土は「団粒構造」になっています。土は、粒子の細かい粘土と粒子の粗い砂の割合によって大きく異なります。団粒構造は、植物の根やミミズなど生物の作用によって土の粒が固まることにより、うまれます。化学肥料を少なくして堆肥などの有機物を使い、農薬を使わないことで可能です。

敷島博士
敷島博士

冬季に土をスコップ2つくらいを荒起こしするのもいいですね。

肥料の使い方

太郎
太郎

植え付け前に石灰や堆肥をまいていますが、どのようにしたらいいですか❓

敷島博士
敷島博士

 シニアになると、年に一回は健康診断(人間ドック)することが大事です。私も検査で病気がみつかりました。
 土壌も診断をすることで、適切な肥料の使用ができます。

PH

 雨の多い日本では、雨によって土のカルシウムが流出され、土が酸性になる傾向があります。酸性土壌で育てていくと、根が傷んだり、リン酸分を吸収するのが難しくなります。
 酸性土壌の中和には、苦土石灰や消石灰などを散布します。また、アルカリ土壌の中和には改良用土(ピートモスなど)や、「硫安」「塩安」「硫加」などの酸性肥料を土に入れます。
 野菜には、それぞれ適したPHの範囲があります。ジャガイモなどはアルカリ性になると表面にニキビのようなブツブツが発生する『そうか病』になりやさくなるので、一般的に植え付け前に石灰を散布しません。

栽培の裏技

タイトルとURLをコピーしました